初心者向け

【結論】エニタイムvsジョイフィット、どっちがいいか【基本はエニタイム】

こんにちは、当ブログ「サイエンスノンフィクション」を運営している、えんずです。

「エニタイムとジョイフィットはどっちがいいの?理由付きで教えてほしい」

「ついでに、ジムに入会する前に知っておくべきことがあれば知りたい」

上記の疑問に答えます。

この記事の内容

・エニタイムvsジョイフィット、どっちがいいか

・エニタイムorジョイフィットは、こんな人におすすめ

この記事を書いている僕はトレ歴2年ほどで、以前はジョイフィットで1年以上トレーニングしていて、現在はエニタイムに入会して1カ月ほど経ちました。

 

ジョイフィットは全国7~8店舗でのトレーニング経験があります。エニタイムはまだ2店舗ほどしか経験していませんが、色んな店舗を回ったということで、記事の信頼性が上がるかと思います。

 

ジョイフィットとエニタイムのどちらも入会したことのある立場から、どちらの方が優れているのかをいうと、結論は以下のとおりです。

どっちがいいかは店舗によるが、エニタイムの方が優れている店舗が多い傾向にある

では、詳しい理由を解説していきます。

エニタイムvsジョイフィット、どっちがいいか

繰り返しですが、結論は「どっちがいいかは店舗によるが、エニタイムの方が優れている店舗が多い傾向にある」です

結局、店舗による

店舗によって良し悪しがあるので、エニタイムの方がいいところもあれば、ジョイフィットの方がいいところもあります。

 

例えば、下記の感じです。

・店舗によって、広さが違う

・店舗によって、マシンや設備が違う

・店舗によって、料金が違う

・店舗によって、会員の雰囲気や年齢層が違う

・店舗によって、スタッフさんの雰囲気が違う

というわけで、「絶対にエニタイムの方がいい!」と言い切ることはできません。最初に見学や無料体験ができると思うので、一度ご自身で店舗に行ってみて比較するのがいいと思います。

 

「店舗による」と言ってしまえばそれで終わりなのですが、ジョイフィットとエニタイムのどちらも通ったことのある経験から、「エニタイムの方がいい店舗が多い傾向があるな」という印象なので、以下で説明します。

エニタイムの利点・特徴

エニタイムの利点や特徴は、以下のとおりです。

・店舗数が多い(国内に500店舗以上)

・マシン特化型(スタジオやプールがない)

・ジョイフィットよりも会費が安い傾向にある

・筋トレガチ勢が多い傾向がある

では、それぞれ解説します。

店舗数が多いので、通いやすい

エニタイム:国内500店舗以上

ジョイフィット:国内270店舗ほど

※2019年5月時点

 

上記のとおり、エニタイムの方が店舗数が圧倒的に多いです。店舗数が多いので、旅行先でも気軽に行けたりします。

 

「店舗数が多くて通いやすい」というのが、エニタイムの大きなメリットです。

※もちろん、みなさんの家の場所によって近くにエニタイムがない場合もあるので、各自調べてみてください。

 

ちなみに、エニタイムは全世界で4,000店舗以上あるので、海外旅行の際も利用することができます。

マシン特化型(スタジオやプールがない)

エニタイムは、マシンやフリーウェイトに特化していて、スタジオやプールはついていません。そのため、余分な経費を抑えることができるので、会費が安い傾向があります。

 

マシンやフリーウェイトの設備は、ジョイフィットよりもエニタイムの方が優れている店舗が多いです。

※ジョイフィットも必要なマシンはそろっていますが、エニタイムの方がレベルが上という印象です。

ジョイフィットよりも会費が安い傾向にある

マシン特化型で余分な経費を抑えているので、ジョイフィットよりも会費が安いところが多いです。ジョイフィットよりも、月額1,000円ぐらい安い印象です。

 

とはいえ、今までの僕の経験の範囲内の話なので、一概にどっちが安いかは断言できません。各自で近くの店舗の料金を調べてみてください。

 

余談ですが、都心部の方が土地代が高いので、ジムの会費も高くなる傾向があります。

筋トレガチ勢が多い傾向がある

エニタイムの方がマシンやフリーウェイトの設備が整っているので、筋トレガチ勢のマッチョ達はエニタイムに入会している人が多い印象です。

※もちろん初心者の人もいますが、ジョイフィットと比較するとマッチョが多い気がします

 

もしかすると、「周りにマッチョが多いとなんか気が引ける…」という人は、少しトレーニングしにくいかもしれません。

 

もちろん、これに関しても店舗によって異なるので、自分で近くの店舗に行って雰囲気を確かめてみてください。

ジョイフィットの利点・特徴

ジョイフィットの利点や特徴は、以下のとおりです。

・エニタイムよりも空いている

・初心者は、ジョイフィットの方が通いやすい雰囲気

・店舗によっては、スタジオやプール付きのところもある

・鍵付きのロッカーが無料で使える

・24時間運営じゃない店舗もあるので注意

※以下の内容も、店舗によって異なるということを了承の上、参考程度に読んでみてください。

ジョイフィットの方が空いている

これはあくまで僕の体験談ですが、エニタイムよりもジョイフィットの方が空いている印象があります。

 

おそらく、エニタイムの方が会費が安い傾向にあるので、近くにジョイフィットかエニタイムがあって迷った人は、エニタイムに入会するのだと思います。

 

ちなみに、時間帯によっても混み具合が変化します。

初心者は、ジョイフィットの方が通いやすいかも

ジョイフィットだと初心者の人が多い印象があったので、マッチョがいると気が引ける人は、ジョイフィットの方が伸び伸びとトレーニングできるかもしれません。

 

これも全体的な傾向の話なので、参考程度にお願いします。

店舗によっては、スタジオやプール付きのところもある

店舗によっては、スタジオ(集団でエクササイズなどをする場所)やプールがついているところもあります。

 

ただし、24時間営業のジョイフィットには基本的にスタジオやプールはついていません。

鍵付きのロッカーが無料で使える

鍵付きのロッカーを無料で使うことができるので、貴重品を盗まれる心配がありません。これはジョイフィットの利点ですね。

 

エニタイムでは、鍵付きのロッカーを使うには月額1000円ほど課金する必要があります。課金なしだと、棚に自分の荷物を置いておく感じです。

24時間運営じゃない店舗もあるので注意

ジョイフィットには、大きく分けて3種類の店舗型があります。

JOYFIT:朝~夜にかけて営業している。スタジオやプールがついているところもある。

JOYFIT24:24時間営業。スタジオやプールはないマシン特化型。

JOYFIT YOGA:女性専用。ヨガ専門。

このうち、24時間営業なのはJOYFIT24だけです。近くの店舗が上記のうちどのジョイフィットなのか、確認してみてください。

 

ちなみに、上記の3つのうちどれかに入会していれば、全国のどの種類の店舗も利用可能です。

エニタイムorジョイフィットは、こんな人におすすめ

以上を踏まえて、エニタイムとジョイフィットそれぞれにおすすめな人は、以下のとおりです。

エニタイム:マシンやフリーウェイトをメインで使いたい人。レベルが高い(マッチョが多い)環境でトレーニングしたい人

ジョイフィット:筋トレを始めたばかりの人。周りに筋トレガチ勢のマッチョが多いと、少し気が引けてしまう人

個人的には、「店舗数が多くて旅行先でも通いやすい&会費も安い傾向にある&マシンの設備が充実している」ので、どちらかというとエニタイムがおすすめです。

 

とはいえ、やはり店舗によって雰囲気が異なるので、自分の目で確かめるのが一番です。

 

少しでもジム選びの参考になれば幸いです。

 

さいごに、ジムを選ぶ際にどのような基準で選べばいいのかが分かる記事を貼っておきます。参考にしてみてください。

筋トレに最適なジムの選び方【ポイントは8つある】こんにちは、えんずです。 「筋トレ目的でジムに通いたい大学生は、ジムを選ぶ時にどういう基準で選べばいいの?なるべく続かせたいか...
【後悔】筋トレを始める前に知っておくべきこと7つこんにちは、えんずです。 「最速で細マッチョになりたいから、筋トレをする前に知っておくべき最低限の知識を教えてほしい。これをや...