初心者向け

まず最初に読んでほしい記事3選【有益な記事を厳選しました】

こんにちは、えんずです。

 

今回は、当ブログに初めて訪れてくださった読者さんに向けて、まず最初に読んでほしい記事を3つご紹介します。

 

✅本記事の内容

・まず最初に読んでほしい記事3選

・このブログを読んだ後に得られるもの3つ

✅対象読者

・このブログを初めて読んでくださる方

・ガリガリ体型に悩んでいてこのブログを見つけたけど、どの記事から読めばいいか分からない方

このブログには、ガリガリ体型で自分に自信が持てずに悩んでいた過去の自分に向けて、筋トレを通じて人生を向上させるための記事が100記事以上あります。

 

この100記事あまりの中から、今回は厳選して3記事を紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

まず最初に読んでほしい記事3選

以下の3記事です。

では、上記の記事からどのような情報が得られるのか、順番に解説していきます。

1記事目:痩せ型の人が最短で細マッチョになる具体的な手順

タイトルの通りですが、「痩せ型の人が最短で細マッチョになるための具体的な手順」を解説しています。

 

ネタバレすると、下記のとおりです。

ステップ1:筋肉と脂肪をつけつつ太る

ステップ2:余分な脂肪を削ぎ落とす

これだけだと何をすればいいのか分からないと思うので、ステップ1とステップ2でやるべきことについて、さらに細分化して解説しています。

 

この記事を読むことで、「筋肉がつきにくい体質だから、いくら筋トレしても筋肉がつかないと諦めていたけど、、、たしかに論理的にやれば自分にもできそう」と思っていただけるのではないかと思います。

「自分は筋肉がつきにくい体質だからと諦めている」

「根性論じゃなくて、論理的に筋肉を増やす方法が知りたい」

上記のような人に是非読んでいただきたい記事です。

>> 痩せ型の人が最短で細マッチョになる具体的な手順【1回太る→痩せる】

2記事目:筋トレのモチベーションを高く保ち続ける方法

論理的に体重を増やす方法を知った後は、継続することが最重要です。最低でも3ヶ月は継続しないと、目に見える体の変化が現れませんので。

 

筋トレを継続させるための、モチベーションの保ち方について解説したのがこの記事です。

 

「筋トレをやろうと思ったことは何度もあるけど、いつも三日坊主で終わってしまう、、、」という経験がある方は、読んでみてほしいです。少しは参考になるはずです。

>> 筋トレのモチベーションを高く保ち続ける方法

3記事目:筋トレの完全マップ【ガリガリ→細マッチョを3ヶ月で達成する方法】

筋トレの完全マップは、「ガリガリ→細マッチョになるための方法を体系的にまとめた」記事です。いわば、このブログの集大成でもあります。

 

これを読むことで、「筋トレにまったく知識がないレベル→筋肉がつく仕組みやトレーニング方法を論理的に理解して実践できるレベル」になれるはず。

 

少しボリュームが多いのですが、「本気で今の自分を変えたい」と思っている人に読んでいただきたいです。他のどの筋トレサイトよりも分かりやすくまとめた自信があるので。

>> 筋トレの完全マップ【ガリガリ→細マッチョを3か月で達成する方法】

必要な情報はすべてここに書きました。やるかやらないかはみなさん次第です。

このブログを読んだ後に得られるもの3つ

下記の3つです。

ガリガリ→細マッチョになるための方法が論理的に理解できるようになる

以前より自分に自信が持てるようになる

人生が向上する

このブログを読むことによって、まず「ガリガリ→細マッチョになるための方法が論理的に理解できる」ようになります。

 

論理を理解した後は、とにかく行動に移してください。行動とは、ジムに行ってトレーニングをしたり、日々の食事を変えたりするという意味です。

 

行動を継続することによって、少しずつですが体が変化してくるはずです。3ヶ月ほどで、目に見えて変化を実感できるようになります。

 

さらに体が変化してくると、「自分でもやればできるんだ!」という自信につながります。この小さな自信が積み重なって、自尊感情が高まってきます。

 

自尊感情が高まれば、積極的に人とコミュニケーションが取れるようになり、職場の人間関係も改善され、人生が向上してきます。

 

という感じでつらつらと書きましたが、筋トレを継続することで確実に人生が豊かになります。2年間筋トレを続けてきた僕がいうので間違いないありません。心の底から筋トレを初めて良かったと思っています。

 

人生を向上させるために必要な情報はこのブログ内に書きました。行動するかしないかは、読者のみなさん次第です。

 

最後に、冒頭で紹介した3記事を再掲します。まずは「読んで理解する」という行動から初めてみてください。