肩のトレーニング

【初心者向け】フロントレイズのフォームを解説します【動画付き】

こんにちは、えんずです。

「フロントレイズの正しいフォームを知りたい。いまいち効いている感覚が分からない…」

そんな方へ向けて書きました。

 

この記事では、下記の内容について分かりやすく解説しています。

フロントレイズの正しいフォーム

参考になる動画

この記事を書いている僕は、筋トレ歴1年半以上で、普段からフロントレイズをトレーニングメニューに取り入れています。

 

初心者の頃に比べると、肩の前側に効かせる感覚をつかめてきたので、この経験をもとに解説していきます。

フロントレイズの正しいフォーム

フロントレイズで鍛えられる部位

フロントレイズを行うことで、肩の前側を鍛えることができます。

 

肩の筋肉は、逆三角形のかっこいい体を目指すなら鍛えるべき部位No1なので、バランスよく肩を鍛えられるように、前側を鍛えることも必要です。

 

フロントレイズを行う時は、「肩の前側に意識を集中」して動作を行うようにしましょう。鍛えている部位に意識を向けることで、トレーニングの効果が上がります。

フロントレイズをする際に意識するポイント

意識すべきポイントは、以下の4つです。

肩をすくめないようにする

肘は軽く曲げる

肘の内側を向い合せる

反動を使わない

特に大事なのが、「肩をすくめないようにする」ことだと思います。肩がすくんでしまうと、筋肉が収縮しにくくなり、効果が薄くなるからです。

フロントレイズに最適な重量設定

フロントレイズを行う際は、「15回程度連続で上げられるぐらい」の重さが丁度いいと思います。重すぎてもフォームが崩れますし、軽すぎても刺激が弱くなります。

 

最初は、2~3kgぐらいの軽めの重量からはじめて、丁寧な動作で行うようにしましょう。筋肉を発達させるには、まずは正しいフォームが重要です。

フロントレイズの参考になる動画

以下の動画が参考になります。

まとめ:フロントレイズの正しいフォーム

以上、フロントレイズの正しいフォームに関する解説でした。

 

肩は、けがをしやすい部位でもあるので、少しでも違和感や痛みがあるときは無理をせずに、しばらく肩だけトレーニングを中止するなどしてください。

 

無理にトレーニングを続けると、慢性的な痛みにもつながります。無理は禁物です。

 

では、今回は以上となります。