初心者向け

ジムでの筋トレ初心者におすすめなアイテム4つ【これだけで十分です】

こんにちは、えんずです。

「ジムで、マッチョが手に付けたり、巻いてたりするものは何?」

「初心者がつけてると、変な目で見られる?」

「初心者にもおすすめな、筋トレ補助グッズを教えてほしい」

こんな疑問を抱えている人に向けて、書いています。

 

この記事では、以下の内容について分かりやすく解説しています。

ジムでの筋トレ初心者におすすめなアイテム4つ

初心者でも、筋トレ補助アイテムを使うべき理由

この記事を書いている僕は、筋トレ歴1年半以上で、筋トレを始めてから1~2カ月ぐらいの初心者の頃から、補助アイテムを使っていました。

 

使ってみると、「これは必須だな」と感じたので、こういった背景を含めて、初心者向けの筋トレアイテムを紹介していきます。

 

「がっつり筋トレをがんばりたい」という、やる気のある人向けの記事です。ゆる~く筋トレをしたい方には、たぶん必要ないかなと思います。

 

参考になれば幸いです。

ジムでの筋トレ初心者におすすめなアイテム4つ

僕が実際に使ってみて、「これは効果があるな」と思ったアイテムは、以下の4つです。

・リストストラップ(背中のトレーニングに必要)

・パワーグリップ(背中のトレーニングに必要)

・リストラップ(ベンチプレスに必要)

・パワーベルト(デッドリフト、スクワットに必要)

では、順に解説していきます。

リストストラップ

リストストラップリストストラップ

リストストラップは、手首につけて、余ったひもをバーに巻き付けて使います。こうすることにより、握力をほぼ使わずに、ラットプルダウンやデッドリフトなどの背中のトレーニングを行うことができます。

「ラットプルダウンをするときに、さきに握力がなくなってしまう」

「背中にうまく効かない」

という悩みを持っている方に、おすすめのアイテムです。

 

後述するパワーグリップか、このリストストラップのうち、どちらか片方だけあれば十分です。個人的なおすすめは、こちらのリストストラップです。単純に、値段が安いからです。

パワーグリップ

パワーグリップ

パワーグリップも、リストストラップと似ていて、握力を補助するアイテムです。バーにひっかけて使います。

 

パワーグリップとリストストラップの違いは、以下のとおりです。

パワーグリップ:使いやすいけど、値段が高い

・リストストラップ:使うのに慣れが必要だが、値段が安い

おすすめは、リストストラップです。1000円台で買えますし、値段の割に長持ちします。僕は1000円ぐらいのリストストラップを、1年以上使い続けています。

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥1,400
(2019/11/21 20:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥7,923
(2019/11/21 20:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

リストラップ

リストラップリストラップ

リストラップは、手首のけがを防ぐために、手首に巻いて使います。主に、ベンチプレスをするときに使います。

 

関節を痛めたことがある人なら分かると思いますが、一度関節を痛めると、治るまでにかなり時間がかかります。

 

僕は、ベンチプレスで手首を痛めたことがあり、「リストラップをつけていれば、ケガしなかったかもな…」と後悔したことがあるので、予防のために使うことをおすすめします。

リストラップは、1000円ぐらいの安ものだとすぐにチャック部分が壊れてしまうので、3000円前後のものを買った方が、長持ちしていいかと思います。

 

一応、僕が使っているものを紹介しておきます。

パワーベルト

パワーベルトは、腰を守るために、お腹に巻いて使います。主に、デッドリフトやスクワットで重い重量を上げたい人向けです。少し中級者向けかもしれません。

 

すみません、僕はパワーベルトは持っていません…

 

ジムに置いてあるパワーベルトを、貸してもらっています。ジムで借りられる人は、とりあえずそれを使わせてもらえば、十分だと思います。

 

ジムで借りられないけど、スクワットやデッドリフトを安全に行いたいという方は、買うべきですね。腰を痛めると、まじで何もできなくなってしまいますので。

※購入前に、サイズを確認してください。

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥5,242
(2019/11/21 22:56:40時点 Amazon調べ-詳細)

初心者でも、筋トレ補助アイテムを使うべき理由

初心者は、けがをしやすい

初心者のうちは、フォームが固まっていないので、手首や腰の角度が間違っていると、関節を痛めやすくなってしまいます。

 

それを防ぐために、正しいフォームを習得すると同時に、リストラップやパワーベルトをつけることが必要です。

 

僕の場合、「けがなんてしないだろ~」と長らく思っていましたが、突然手首や肩が痛くなったりして、後悔することが多々ありました。予防することが大切です。

狙った筋肉に効かせやすくなる

握力を補助する、リストストラップやパワーグリップを使うことで、狙った筋肉(この場合、背中の筋肉)に効かせやすくなります。

 

初心者のうちは、どうしても腕の方に力が入ってしまって、背中に効いている感覚がつかめないかと思います。

 

リストストラップやパワーグリップを使うことで、腕に意識を向けなくてよくなるので、背中の筋肉に効かせやすくなるというわけです。

初心者がつけていても、笑われたりしない

リストストラップやベルトなどをつけていたら、「初心者のくせに、とか思われそう…」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

僕のジムでも、初心者らしき方で、リストストラップやベルトを使用している人はたくさん見かけます。僕自身、初期の頃からこういったアイテムを使用していました。

 

そもそも、周りの人は、自分のトレーニングに集中しているので、誰がどんなアイテムを使っていようが、別に気にしません。

 

人目は気にせず、自分のトレーニングに集中しましょう。

まずは、使ってみよう

効果を体感するためには、まずは使ってみないことには分からないと思います。

 

実際に使ってみて、「これは効果あるな」と思ったら買えばいいし、「別にいらないな」と思ったら買わなくてもいいと思います。

 

ジムで貸してくれるところもあるので、トレーナーさんに1度聞いてみましょう。持っている友人がいれば、友人に借りるのもありです。

 

とりあえず、使ってみるところから始めてみましょう。

 

では、今回は以上となります。