大学生向け

【裏ルート】大学生が家庭教師のアルバイトで時給3000円以上稼ぐ方法

こんにちは、えんずです。

 

「せっかく大学受験の勉強をがんばってきたから、この経験をいかしたい。でも、どうせ働くならなるべく時給が高いアルバイトをしたい。」

そんなことを考えているあなたにぴったりなアルバイトが、家庭教師のアルバイトです。

 

今回の内容は基本的に高学歴の人向けですが、あまり自分の学歴に自信がない人でも、小学生相手の国語や算数を教える案件もあるので大丈夫です。

 

本記事の内容

大学生が家庭教師のアルバイトで時給3000円以上稼ぐ方法

家庭教師の案件を探す際に気を付けるポイント

この記事を書いている僕は家庭教師を2年ほどしていた経験があり、最初は時給1750円だったのが、途中から時給3000円に昇格しました。

 

2時間勉強を教えて6000円もらえたので、かなりの神バイトでした。

 

ただ、割とグレーゾーンなやり方なので、公開するか正直迷いました、、、。もしかしたら、どこかの会社に怒られてページ消されるかもです。笑

 

【裏ルート】大学生が家庭教師のアルバイトで時給3000円以上稼ぐ方法

答え:個人契約を結べば、時給3000円以上も可能です

登録会社から生徒を紹介してもらって契約する、というのが一般的な家庭教師で生徒を探す流れですが、これだとその家庭は登録会社に手数料を支払わなければなりません。

 

これを、登録会社を介さずに、自分と生徒の親とで直接個人契約を結ぶことで、時給を上げてもらえます。

 

生徒の親は、教師である大学生にバイト代を支払う他に、登録会社にも毎月1万円ほどの紹介手数料を支払っています。登録会社の教材を買った場合は、その教材費も上乗せされます。

 

登録会社からすれば、ほぼ何もせずに毎月お金が入ってくるので、かなりおいしいビジネスです。

 

だから、生徒の親に一度会社との契約を解除してもらって、教師と直接個人契約を結ぶことで、親の負担は減り、交渉次第で教師の時給を少し上げてくれます。

 

ただ、登録会社はそれを阻止するために、家庭と教師が個人契約を結ぶことは規約違反としていることが多いです。だから、割とグレーなやり方です。笑

 

でも、親御さんも教師もWINWINな関係になるので、僕的には、ほぼ何もしない会社にお金を払う必要はなくて、別に個人契約を結んでもいいんじゃないかな~と思ってます。

 

個人契約を結ぶまでの流れ

個人契約を結ぶ方法は2つあります。

最初は登録会社から生徒を紹介してもらって、後から個人契約に切り替えてもらう

家庭教師の掲示板で生徒を探して、最初から個人契約を結ぶ

おすすめとしては、まずは手っ取り早い掲示板で案件を探してみて、良さそうなのが見つからなければ会社に登録してそこから探す、という手順がいいと思います。

 

掲示板から生徒を探す場合

家庭教師の斡旋会社に登録しなくても、掲示板で生徒を見つける方法があります。

 

例えば、下記のようなサイトから探すことができます。

掲示板で探せば、最初から個人契約になるので、比較的時給は高い傾向があります。いちいち会社に登録する必要がないので、こちらの方が手っ取り早いですね。

 

ただ、ある程度学歴に自信がある人でないと、なかなか採用してもらえないかもしれません。

 

たぶんですが、会社に登録しておく方が、親御さんは会社に信頼を置いているので、学歴がそこまで高くなくても仕事が見つかりやすいと思います。

 

登録会社から生徒を探して、あとから個人契約に切り替えてもらう

1.まずは家庭教師のアルバイト斡旋会社に登録する

 

具体的には、アルバイト求人サイトで家庭教師の登録会社を探します。「家庭教師 東京」などで検索すればたくさん出てくると思います。

マッハバイト:バイトに採用されたら5000円~1万円もらえる

バイトル:知名度が高く、案件数も多い

アルバイトEX:an、マイナビバイトなどの大手求人サイトから一括検索できる

個人的なおすすめはマッハバイトです。バイトに採用されるだけで、5000円~1万円もらえるという太っ腹なシステムがあります。

 

2.生徒を見つけ、2~3カ月ほど登録会社を介して家庭教師を続けたら、親御さんと生徒さんに個人契約の話をしてみる

 

登録会社に手数料を払わなくていい分、親御さんの負担が減るという話をして、自分の時給も少し上げてもらえるように交渉してみましょう。

 

親御さんはトータルで支払う金額が少なくなるので、案外こころよく時給を上げてもらえると思います。

 

ただ、登録会社に「個人契約にするので辞めます」と正直に言っちゃうと怒られるので、そこは少しごまかす必要があるかもです。

 

僕の場合は、生徒さんが中学から高校に上がるときに、親御さんの方から個人契約の話をしてきてくれました。ある程度信頼がおかれれば、親御さんから言ってきてくれることもあるので、それを待つのも一つの手ですね。

 

家庭教師アルバイトの案件を探す時のポイント

なるべく時給が高い案件を探す

当然ですが、なるべく時給が高い案件を探した方がいいです。

 

教える側としても、「高い料金をもらっているから丁寧に教えてあげよう」という気持ちになります。

 

また、時給を高くしてくれる親御さんは、教える側のことも考えてくれているということなので、家におじゃました時の待遇もいいと思います。

 

合わないと思った生徒(親)にあたったら、すぐに引き下がる

始めて対面して、「この生徒さん(親)とは合わないな・・・」と感じたら、そのレッスンが終わった後に連絡して、素直に無理ですと断った方が無難です。

 

家庭教師は長く関係が続く仕事なので、いやいや仕事をするのはしんどいと思います。

 

家庭教師を求めている家庭は他にいくらでもあるので、さっさと次を探す方がいいでしょう。

 

なるべく自分の家と生徒の家との距離が近いところを探す

いくら時給が高かったとしても、生徒さんの家に行くまでに時間がかかってしまうと、移動時間を合わせた時給は低くなってしまいます。

 

例えば、時給3000円で2時間教えるとしても、片道1時間かかる場合だと、合計で4時間使うことになるので、実質的な時給は1500円になってしまいます。

 

これは少し極端な例ですが、なるべく家から近い場所を選ばないと、結局トータルでみた時給が下がってしまいますよという話です。片道10~15分圏内が理想ですね。

 

まとめ:大学生が家庭教師のアルバイトで時給3000円以上稼ぐ方法

以上、大学生が家庭教師のアルバイトで時給3000円以上稼ぐ方法の解説でした。

 

家庭教師は他のアルバイトと比べて時給が高い仕事ですが、その分責任も重くなります。

 

親御さんは、子供の成績をなんとか上げたいと期待して家庭教師を申し込んでいるということを自覚た上で、責任を持って教えてもらえればと思います。

 

では、今回は以上となります。

少しでも参考になれば幸いです。