初心者向け

【図解】ダイエットに最適なアプリMyFitnessPalの使い方

myfitnesspal
MyFitnessPalの使い方が分からない人
MyFitnessPalの使い方が分からない人
「今年はダイエットを確実に成功させたくて、MyFitnessPalというアプリをスマホでインストールしたけど、どうやって使えばいいの?」

 

こんな疑問に答えます。

 

MyFitnessPalには色々な機能がついていますが、「まずはこれだけ分かればOK」という範囲の解説を今回はしたいと思います。

 

ちなみに僕はこのアプリを使って2カ月で7kgの減量に成功しました。

 

MyFitnessPalの基本的な使い方をマスターして、痩せてきれいな体を手に入れましょう。

 

※まだアプリをインストールしていない人は、下のリンクからインストールできます。

≫MyFitnessPalをインストール(iPhone,iPadの方)

≫MyFitnessPalをインストール(アンドロイドの方)

MyFitnessPalとは?何ができる?

food

MyFitnessPalとは、カロリー計算が簡単にできる食事管理アプリのことです。

 

つまり、

「今日1日に摂取したカロリーはいくらかな~?」

「今日はあとどれくらいの量食べられるんだろう?」

っていうのが一目でわかるようになります。

 

このMyFitnessPalで計算された1日の目標摂取カロリーを目安に食事量を調節すれば、「1日の摂取カロリー<1日の消費カロリー」となり、理論的に体重は減っていきます。

 

カロリー計算をせずにダイエットをすると、ダイエットを失敗する原因になりやすいです。

 

なぜなら、「カロリーを抑えてるつもりが実はカロリーオーバーしていた」とか「カロリーを極端に減らしすぎて逆に体重が減りにくくなった」ということが起こり得るからです。

 

では、MyFitnessPalの使い方を詳しく見ていきましょう。

ダイエット時のMyFitnessPalの効果的な使い方【使う機能は2つだけ】

まずは目標体重の設定

アカウント登録時に設定した方はそのままで大丈夫ですが、新たに設定しなおす方法を説明します。

 

まず、右下の「その他」を押します。

myfitnesspal 使い方

次に、「目標」を押します。

myfitnesspal 使い方

次に、このオレンジ色の枠で囲った部分を上から設定してください。

myfitnesspal 使い方

「開始時の体重」を押すと下のような画面になります。この時に、体重だけでなく開始時の日付も忘れずに入力してください。

myfitnesspal 使い方

「アクティビティレベル」の設定に関しては以下の画像を参考に、自分がどのくらい1日で運動するかを基準に選んでください。

myfitnesspal 使い方

アクティビティレベルが高いほど、MyFitnessPalから推奨される1日の摂取カロリーの目安が大きくなります。

 

僕が個人的におすすめするアクティビティレベルの目安としては、下のような感じです。

あまりアクティブではありません:ほとんど運動をしない人

少しアクティブ:週に1日程度運動する人、立ち仕事の人

アクティブ:週に2日~4日程度運動する人、体を動かす仕事の人

かなりアクティブ:週に5日以上運動する人、1日中ハードに体を動かす仕事の人

参考にしてみてください。

 

ここまで設定できたら、左下の「ホーム」を押してください。すると下の図のように、新たに1日の摂取可能カロリーが設定されているはずです。

myfitnesspal 使い方

あとは、この目標カロリー前後になるように1日の食事を調節していくだけで、徐々に体重を減らしていくことができます。

 

極端に摂取カロリーを減らしすぎると、代謝が落ちて逆に脂肪が燃焼しにくい体になってしまうので注意してください。

食事の前に、食べるものを記録する

目標設定ができたら、あとは食事の“前に”今から食べるもののカロリーなどのデータを記録するようにします。

 

入力のし忘れを防ぐために、食事の前に記録するのがポイントです。

 

まず、「ダイアリー」を押してください。

myfitnesspal 使い方

次に、朝食・昼食・夕食・おやつ間食の内、いずれかの「フードを追加」を押してください。

myfitnesspal 使い方

すると下のような画面になります。フードを追加するには大きく分けて4つやり方があるので、順番に説明していきます。

myfitnesspal 使い方

①バーコードを読み取って追加

バーコードのマークを押すと、バーコードのスキャン画面になります。ここに商品のバーコードを読み取るだけで、その商品のカロリーなどの情報が分かります。

myfitnesspal 使い方

スキャンすると下のような画面になるので、右上のチェックマークを押します。

myfitnesspal 使い方

これで、バーコードで読み取ったフードを追加することができました。下のオレンジで囲っている部分が今追加されたものです。

myfitnesspal 使い方

これ最初にやった時は感動しました。バーコードを読み取るだけでその商品の情報がわかるってすごい。

 

このバーコードで追加するのが1番簡単で手っ取り早い方法だと思います。

たまにバーコードで読み取ってもデータがない商品もあります。その場合は検索やフードの作成を行ってください。

②検索して追加

検索窓で商品を検索すると、下に検索結果が出てくるのでその中から選ぶこともできます。

myfitnesspal 使い方

ただ、メーカーやお店の違いなどでカロリーが実際とは違う可能性があるので注意してください。

 

検索して出てくる商品は大抵バーコードの読み取りでも出てくるので、僕個人的には、検索よりもバーコードの読み取りをおすすめします。

③これまでに追加したことがあるフードから追加

今までに追加したことがあるフードがここに表示されるので、ここから探すこともできます。

myfitnesspal 使い方

この方法でも手っ取り早くフードを追加できます。

④自分でフードを作成して追加

バーコードでスキャンしても出てこなかったり、バーコードがないものは自分で栄養成分の情報を入力することもできます。

 

フードの追加画面を下にスクロールしていくと、「フードを作成」という項目があるのでそこを押してください。

myfitnesspal 使い方

下のように、追加したいフードの情報を入力します。

myfitnesspal 使い方

続いて、栄養成分を入力します。とりあえず、「カロリー」「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の4つだけ入力すればOKです。

myfitnesspal 使い方

以上でフードを追加することができました。

 

お店で売られている商品ならパッケージの裏に栄養成分が書かれていますが、例えば白米100gとかだとわからないですよね。

 

そんな時は、Slismというサイトが便利です。

slism

この検索窓で「白米」というふうに調べたい食材を検索すれば、カロリーや栄養成分を教えてくれます。

その他注意点

1.おやつや飲み物にもカロリーは含まれているので、忘れずに記録しましょう。口から入れるものはすべて記録するのがポイントです。めんどくさいかもしれませんが、がんばりましょう。

 

2.ダイアリーのところに「エクササイズ」という項目がありますが、トータルのカロリー摂取量が分かりにくくなるので、僕個人的には記録しないことをおすすめします。

 

3.「水分」に関しても、自分でこまめに水分補給ができているのであれば特に記録しなくて大丈夫でしょう。

おまけ:ダイエットを継続するコツ

woman

ダイエットを継続させるのって難しいですよね。お腹が空いたらご飯食べたくなるし、お菓子も食べたいし…。

 

2カ月で7kg痩せることができた僕からの些細なアドバイスをしますと、ダイエットを継続するために必要なのは「自分の体の変化を実感する」ことです。

 

鏡を見ると前よりも顔や脚が細くなっていたり、お腹周りのお肉が少なくなっていたら嬉しいですよね。たぶん周りからも「あれ、痩せた?」って言われることが多くなると思います。

 

その「自分の体の変化」がモチベーションとなって、ダイエットをさらに続ける気にさせてくれます。

 

だから、その自分の体の変化を実感するために、まずは1カ月間妥協せずにがんばってみてください。1カ月間正しい方法でダイエットを行えば、前より痩せた自分に出会えるはずです。

まとめ:ダイエットに最適なアプリMyFitnessPalの使い方

以上、ダイエットに最適なアプリMyFitnessPalの使い方の解説でした。

 

食事管理はダイエットにおいて絶対に必要なことなので、MyFitnessPalを使いこなしてダイエットに励んでください。

 

続ければきっと1カ月ほどで目に見えてわかる変化が出るでしょう。

 

では、今回はここまでです。

少しでもこの記事が参考になれば幸いです。