大学生向け

内向的な大学生は、筋トレをすればモテるようになります【ヒント:自信】

こんにちは、えんずです。

「できれば女の子にモテたいけど、顔もかっこよくないし自分に自信がない…」

「内向的な性格だから、女の子とうまくしゃべれない」

こんな悩みを持っている方にむけて、書いています。

 

この記事では、以下の内容について解説しています。

内向的な大学生は、筋トレをすればモテるようになります

内向的な大学生がモテるために、筋トレ以外に必要なこと

本質をいうと、「筋トレをする→モテる」というより、「筋トレをする→人とのコミュニケーションに必要なスキルが上がる」という表現が正しいです。

 

この記事を書いている僕は、現在大学生で筋トレを1年半以上続けており、もともと内向的な性格なのですが、筋トレを始めてから、割と自分に自信が持てるようになり、多少は外交的になりました。

 

すいません、こんな記事を書いておきながら、僕は色んな人からモテるタイプではないです…。どちらかというと、大人数で騒ぐよりも、少人数で仲良くする方が好きな感じです。

 

でも、筋トレをしてから「自信」や「ポジティブ思考」といった、人とのコミュニケーションに必要であろうことが身に着いたので、この経験をもとに解説していきます。

内向的な大学生は、筋トレをすればモテるようになります

本質は、「筋トレをする→人とのコミュニケーションに必要なスキルが上がる」という感じです。

筋トレをすれば、自尊感情が上がる

筋トレをすれば、自尊感情が上がります。つまり、自分に自信が持てるようになります。

 

筋トレをすると自分に自信が持てるようになる理由は、下記のように、小さな成功体験をコツコツ積めるからです。

「前よりも、重たいダンベルを持ち上げられた」

「前よりも、筋肉がついた」

「周りの人から、『筋肉あるね』と努力が認められた」

このように、成功体験を何度も重ねることで、自分の自信へとつながっていきます。

 

僕は人とのコミュニケーションが苦手なタイプなのですが、自分に自信がないことが大きな原因でした。筋トレをして、自尊感情が上がり、人としゃべるのが前より楽しくなりました。

人を思いやる余裕ができる

人とのコミュニケーションにおいて、「相手を思いやる」ことが大切です。モテる男子は、たぶん周りの人に気遣いができて、積極的に行動できる人が多いのではないでしょうか。

 

筋トレをして、自分に自信が持てるようになると、心に余裕が生まれてきます。心に余裕が生まれると、それまで自分のことで精いっぱいだった人でも、周りに気配りをすることができるようになります。

行動力が上がる

筋トレをして自尊感情が上がると、行動力が増します。

 

行動力が増すというのは、つまり「誰かに話しかけるときに、おじけづかなくなる」や「人との会話を楽しめる」とか、そういった感じです。

 

筋トレをすると、テストステロンやセロトニン、ドーパミンといった、「やる気」「幸福感」「気分の高揚」をもたらすホルモンが多く分泌されます。

 

ホルモンレベルで、行動力が向上する要因を作り出しているわけです。

女性は、筋肉量が多い男性を魅力的に感じやすい

カルフォルニア大学で行われた研究によると、平均19歳の女性を対象に、筋肉量が異なる男性のシルエットを見せて、どれが魅力的に見えるかを調査すると、筋肉量が多いほど魅力的に感じるという結果が出ました。

 

男性が、女性の「胸」や「お尻」など、自分が持っていない特徴のある部位を魅力的に思うように、女性も、男性の筋肉やがっしりした体格を魅力的に感じるということです。

 

ただ、同じカルフォルニア大学の研究によると、ボディビルダーみたいに筋肉量が多すぎると、逆に魅力的に思われにくくなるそうです。

 

ほどよく筋肉をつけることがいいらしいですね。

筋トレをしてると、逆に変な目で見られそう←たしかに正論

筋トレをしている人に対して、下記のような印象を持つ女性が多いのも、たしかです。

「マッチョは苦手」

「暑苦しそう」

「草食系の細い人が好み」

たしかにこのように思う女性も一定数いますが、下記の2パターンの男性を比べてみてください。

・細い。草食系。自分に自信がない。人としての魅力にかける。

・ちょっとマッチョ。自分に少しは自信がある。一緒にいると、なんか楽しそう

たぶん、後者の人の方が魅力的に見えやすいと思います。

 

細くて自分に自信がある人ならそれでも大丈夫かと思いますが、自尊感情が低くてコミュ力ゼロの人は、確実に筋トレをして、自尊感情を高めた方がいいですね。

 

人は見た目以上に中身だといいますが、その中身を鍛えるための1つの方法が、筋トレです。

内向的な大学生がモテるために、筋トレ以外に必要なこと

当たり前かもしれませんが、下記の3つです。

・清潔感を保つ

・ネガティブ発言をなるべくしない

・話し上手より、聞き上手になる

その①:清潔感を保つ

清潔感は、マジで大切です。以下の項目は、毎日確認すべきだと思います。

・ひげをそっているか(おしゃれで伸ばしているならOK)

・まゆげを整えているか

・鼻毛は出ていないか

・寝ぐせがついていないか

・髪の毛が長すぎないか

・よれよれの服を着ていないか

いくらイケメンで性格が良くても、鼻毛が出ていたら幻滅されますよね。最低限の身だしなみを整えることで、清潔感を出せます。

その②:ネガティブ発言をなるべくしない

ネガティブ発言が多い人は、モテないし、人から慕われません。

「なんかこの人悪口多いな…」

「愚痴ばっかり…」

「一緒にいると、ネガティブ思考が移りそう…」

こう思われると、その人と仲良くなれる可能性は減ってしまいます。

 

たまには自分のマイナスな面を見せることもありかと思いますが、頻度が多すぎると嫌がられるので、自分の発言には気を付けた方がいいと思います。

 

ポジティブ思考が大事です。

その③:話し上手より、聞き上手になる

話を聞く方が好きだという人もいますが、基本的に、人間は自分の話を聞いてもらうのが好きな生き物です。

 

「自分の話を聞いてもらうことで、相手に自分のことを認めてもらう」という承認欲求が満たされるからでしょう。

 

・自分が話をしたら、同じ話題について相手に質問してみる

・自分が一方的にしゃべりすぎていないか、考える

など、相手から話を聞きだすことで、お互いに会話を楽しめるようになり、関係性が深まります。

筋トレをはじめて、自尊感情を高めよう

内向的な性格の人には、マジで筋トレをオススメします。

 

「筋トレする→自尊感情が高まる→積極的に行動できる→人とのコミュニケーションを楽しめる」と、こんな感じで、僕は筋トレで人生変わりました。

 

まずは、家で腕立て伏せをがんばるところからでもいいので、筋トレを始めてみましょう。正しい知識をつけて継続すれば、徐々に筋肉がついて、自尊感情が高まってきます。

≫参考:ガリガリで痩せ体質の人が筋肉をつける方法【体験談】

 

僕もさらに自尊感情を高めて、ストレスなく毎日を過ごせるように、今後も継続して筋トレに励みます(`・ω・́)ゝ