初心者向け

【実体験】筋トレのメリットとデメリットまとめ【1年続けて分かった】

筋トレ メリット

こんにちは、えんずです。
2018年9月現在で筋トレ歴1年3カ月になりました。最近は週5日で筋トレしています。

 

「筋トレを始めたいけど、筋トレするメリットって何?」
「モテたくて筋トレ始めてみたけど3日坊主で続かない… 筋トレのモチベーションを上げたい!」
「筋トレは良いことばかりじゃなくてデメリットもあるんじゃないの?」

 

本記事に書かれている筋トレのメリットとデメリットを知ることで、こういった悩みや疑問を解決できます。

 

1年以上筋トレを続けてきて、筋トレをすることによるメリットやデメリットをたくさん実感してきたので、僕の経験に基づいた筋トレのメリットやデメリットをシェアしたいと思います

 

時間がない方は目次を見ていただくと結論がわかるようになっています。パパっと目を通してみてください。

筋トレをするメリット(11個ある)

筋トレをしていない人からすると、「なんであの人はあんなにストイックに筋トレを続けているんだろう?」と疑問を思うことは多いですよね。僕自身、「なんでそんなに筋トレにストイックなん?」とよく聞かれます。

 

それは、純粋に筋トレが好きで楽しいのと、筋トレの絶大なメリットを実感しているからです。

 

筋トレのメリットを知れば、より筋トレに対するモチベーションが上がるのではないでしょうか。では、見ていきましょう。

見た目がかっこよくなる

筋トレ

単純に見た目がかっこよくなります。

 

EX○LEさんやGA○KTさんみたいな細マッチョに憧れて「かっこよくなりたい!」と思って筋トレを始めようと思う方は多いんじゃないでしょうか。

 

筋トレの正しい方法と適切な食事を知った上でトレーニングを行えば、だれでも100%細マッチョになれます。

 

痩せ体質で人生で一度も太ったことがないような僕でしたが、ちゃんと知識をつけて実践することで1年で15kg体重を増やすことができました。さらにここから2か月かけてー7kgダイエットし、世間一般に言われる細マッチョにはなれたと思います。

※筋肉を効率よくつけるにはたくさんご飯を食べる必要があるのですが、その際にいらない脂肪も少なからずついてしまいます。そこで一度体重を最大限増やした後、余分な脂肪を落とすことで細マッチョになれます。

自分に自信がつく

自信

筋トレをして筋肉がついてくると、自分に自信がついてきます。このメリットが個人的に筋トレをやめられない一番の理由です。

 

筋肉がついて体が変化してくると、「筋肉がついてきた」という小さな成功体験を感じられます。この小さな成功体験を積み重ねることによって、徐々に自分に自信が持てるようになります。

 

僕はもともと自分にあまり自信がないタイプの人間でしたが、筋トレを通して自分に少しずつ自信が持てるようになりました。自分に自信がついてくると心に余裕が生まれ、心に余裕ができると毎日の生活が楽しくなるという好循環になります。

 

「筋トレはナルシストがやるものだ」って思う方も多いかもしれませんが、僕はそうは思いません。もともと自分に自信がない人にこそ始めてほしいです。

モテる

モテる

はい、モテます。

 

顔が急にイケメンになるわけではありませんが、同一人物の場合、筋トレを始めた後の方が始める前よりも確実にモテます。

 

筋肉に女性が惹かれてモテるようになるっていうより、筋トレをして自分に自信がついて心に余裕を持てるようになり、男らしさが増すことによってモテる。という理論です。

 

心に余裕がつくことによってコミュ力や積極性が増すのも、筋トレをしたら異性から好かれる理由の1つです。

コミュ力が上がる

talk

普段のコミュニケーション能力が上がります。

 

コミュ力が上がる理由は、「筋肉がつく→自分に自信が持てる→心に余裕ができる→人と話す時も心に余裕がある→会話が楽しくなる」といった感じです。

 

もともとコミュ障で(今もまだちょっとコミュ障(笑))人と会話するのがそこまで得意じゃなかった僕でも、前よりも楽しく会話できるなと感じることが多くなりました。

 

特に複数人で話すときや異性と話すときに緊張しちゃうので、そういうのが楽しめるようになったのがでかいです。知らない人や店員さんにも前よりフレンドリーに話せるようになったと思います。

ポジティブ思考になる

ポジティブ

筋トレを続けてたら徐々にポジティブ思考になります。

 

筋肉はやればやるだけつくので「やればできる」という根拠のない自信が生まれます。

 

また、筋肉量が多いほどポジティブ思考になりやすいという研究結果もあるそうです。確かに、スポーツやっててある程度筋肉がある周りの人って元気でポジティブな人が多いですよね。

ストレス解消になる

フルパワーでダンベルを持ち上げたりするのでストレスを発散できます。また、好きなことに打ち込めるというのがストレス解消につながります。

 

前に述べましたが心に余裕ができるので、前までストレスに感じていたこともストレスだと思わなくなります。

筋トレや食事の知識がつく

筋トレで効率よく筋肉をつけたり脂肪を落とそうと思うと、

・正しい筋トレのやり方・フォーム
・食事(栄養)に関する知識

この2つが必要不可欠です。

 

なので、筋トレをしていると自然とそれに関する知識がついてきます。

 

このブログでもどんどん新しい情報を更新していきますが、Youtubeもかなり勉強になるので、Youtubeでも知りたいことを検索してみてください。

太りにくく痩せやすい体になる

筋肉量が増えることで、太りにくく痩せやすい体になっていきます。

 

筋肉量が増えると、「基礎代謝」と言われる「寝てても何もしなくても1日で消費されるエネルギー」が増えます。つまり、何もしなくてもカロリーを消費するので痩せやすい体になるという訳です。

健康になる

筋トレをすることで筋肉がついたり、食事の知識がついて太りにくく痩せやすい体になることで自然と健康的な体になります。

 

「これは脂質が多いから控え目にしよう」とか「これは体に良くない食品添加物が入っているからやめよう」とかを自然に気にするようにもなります。

他の競技のパフォーマンスが向上する

筋トレをして筋力を高めることにより、野球・サッカー・テニス・陸上…その他すべてのスポーツにおけるパフォーマンスが向上します。

 

走る・跳ぶ・投げる・打つなど、スポーツにおけるすべての動作で筋肉が使われており、筋肉をつけることでより力強くこれらの動作を行うことができます。

 

また、けがの予防や改善の手助けにもなります。

 

僕は高校でハンドボールをしていたのですが、その時にボールを投げられないほど肘と肩を痛めてしまいました。病院に行ったところ「もっと筋肉をつけなさい」と言われ、それから家でダンベルを使った筋トレをするようになりました。

 

すると徐々に筋肉がついてきて、肘や肩の痛みも改善されてボールを投げられるようになったという経験があります。

夏が好きになる

海やプールがある夏が好きになります。夏サイコー!

 

また、暑さに強くなります。筋トレをするまでは暑いのも日差しに当たるのも嫌いでしたが、筋トレを始めてからなぜかその暑さや日差しが逆に心地よく感じるようになりました。

筋トレをするデメリット(7個ある)

たくさん筋トレのメリットを挙げてきましたが、そんな筋トレにも実はデメリットがあります。

筋トレに時間を奪われる

筋トレをジムでする時間が奪われます。だいたい僕の場合、1日1時間半~2時間程度(それが週に5日ほど)です。

 

でも、趣味なら筋トレに限らず時間は取られますよね。筋トレが楽しければ時間は特に気になりません。

お金がかかる

お金

ジムに行くお金、食費、サプリメント代(プロテインなど)、トレーニングウェア代などにお金を使います。

 

僕の場合、ジムとサプリメントに使うお金だけで月々15,000円ほど使っています。でも、好きなことにお金は惜しんでられないのでしょうがないです。

服のサイズが合わなくなる

服

筋肉がついてきて体が大きくなってくると、前まで着れていた服が入らなくなります。

 

特に元々痩せ型だった人は、かなり体が変化しますのでそこは要注意です。新しく服を購入する場合は、少し大きめのサイズを選んだ方が無難です。

筋トレをしないと不安になる

不安

旅行で3日連続でトレーニングできないような日が続くとめちゃくちゃ不安になります。

 

「筋肉が減っちゃうんじゃないか」「もっと筋トレして筋肉を大きくしたいのに」とか、焦ってきちゃいます。

友達の誘いよりもトレーニングを優先してしまう

筋トレにはまっている人は、筋トレが生活の中で最優先になりがちです。遊びに行くなどの予定が入りそうな場合にも、まず筋トレをする時間があるかどうかを考えちゃいます。

 

女の子にモテるために始めた筋トレが、女の子からの誘いを断る理由になってます。不思議ですね(笑)

けがをする可能性がある

けが

筋トレはかなり重いダンベルなどを扱うので、使い方を間違えると疲労で関節を痛めたり、誤って足に落としたりするとけがにつながります。

 

使い方には十分に注意してください。

筋トレした後は疲れる・眠い

眠い

筋トレはかなりエネルギーを消費します。終わった後は達成感もありますが、同時に疲れや眠気を感じることもあります。

 

そんな時は、15分ほど仮眠をとるとすっきりするのでおすすめです。

【脱・三日坊主】筋トレを飽きずに続けるために

筋トレ

「細マッチョになるために筋トレするぞ!」「よっしゃ夏までに痩せるぞ!」と決意して筋トレを始めたものの、やり方もよくわからないししんどいし続かない・・・

 

そんな方に、1年3カ月筋トレを飽きずに続けてこれた僕からの些細なアドバイスです。

 

筋トレを続けるためには、

自分の体の変化を楽しむこと

が一番大切なポイントです。

 

筋トレを始めて2週間ほどすると、2週間前までまったくびくともしなかったダンベルが持ちあがるようになったり、ちょっと腕が太くなってきたりと、少しずつ自分の体に変化が見え始めます。

 

さらに1カ月ほど続けていると、周りの人から「あれ、なんかがたい良くなった?」と体の変化に気づいてもらえます。こういう周りからの言葉がさらに自分のモチベーションを高めてくれます。

 

だから、最初はとにかく体が変化することを信じて2週間本気で続けてみることをおすすめします。僕も最初はジムにある器具がどこを鍛えるものでどんな風に鍛えればいいかもわかりませんでした。それでもネットやYoutubeで色々勉強しつつ筋トレを続けていたら、どんどん体が変化していきました。

 

とりあえず、筋トレを飽きずに続けるためのまとめとしては、

・体に変化が見られるまで(だいたい2週間ぐらい)本気で続けてみる
・2週間で体が変わるように、筋トレのやり方や筋トレのための食事を勉強する

こんな感じです。

まとめ:筋トレのメリットとデメリット

最後に、今まで挙げてきた筋トレのメリットとデメリットについて見やすいようにまとめました。

筋トレのメリットまとめ

1.見た目がかっこよくなる
2.自分に自信がつく
3.モテる
4.コミュ力が上がる
5.ポジティブ思考になる
6.ストレス解消になる
7.筋トレや食事の知識がつく
8.太りにくく痩せやすい体になる
9.健康になる
10.他の競技のパフォーマンスが向上する
11.夏が好きになる

 

筋トレのデメリットまとめ

1.筋トレに時間を奪われる
2.お金がかかる
3.服のサイズが合わなくなる
4.筋トレをしないと不安になる
5.友達の誘いよりもトレーニングを優先してしまう
6.けがをする可能性がある
7.筋トレした後は疲れる・眠い

 

筋トレにはデメリットも多く存在することを述べましたが、それでも筋トレによるメリットの方がはるかに大きいと僕は思います。

 

僕は筋トレを始めて本当に良かったと思っていますし、今のところやめる予定もないです。これを見てくれているあなたも是非諦めずに続けてみてください。きっと1日1日が今よりも楽しくなりますよ。

 

今回の記事はここまでです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!